Fotolia_49859549_XS.jpg

ドクダミエキスを摂取するために

「生搾りどくだみ青汁酒 十黒梅」

2015年08月01日

ドクダミハニーコラーゲンで薄毛体質を改善せよ

髪の毛を生やしたいのなら、




どくだみエキスでまずは体質改善をしましょう。



できれば、「ドクダミ・ハニーコラーゲン」や「ドクダミ・プロ」がよいのです。




育毛は、育毛剤や育毛シャンプーだけでは、なかなか効果はでません。


男性型脱毛症の遺伝子が発動を始めた24歳から、平成25年現在55歳になるまで、育毛に努力をしつづけた私は、そこのところ、ようくわかります。




2013年9月現在、私が到達した育毛必勝法はこうです。↓



1、薄毛体質をかえるために食事、飲み物を工夫する

2、睡眠を7時間以上

3、明るい気持ち

4、自分に合った育毛シャンプー、育毛剤を使用する

5、頭皮マッサージ、肩こり改善マッサージなどの血行の改善です。




番外編では、プロペシアも、男性は効果はあると思います。



私の知人は、プロペシアと濃度の濃いミノキシジルでかなりハゲ部分が、黒髪で覆われてきましたね。



ただ、私はプロペシアは、実行していましいたが、精子の減少がはげしいので、平成25年8月にやめました。



「生える」というものは何でも実践しますが、精子が減少したらいやだから。


参考ブログ


1.プロペシアを体験している経過記録ブログ



2.ああ、悔悟!!プロペシアなんか飲まなきゃよかった反省




あなたにもプロペシアとミノキシジルタブレットは「やめておいたほうがいいです」と言いたい。




さて、簡単に育毛を成功させる5項目をあげましたが、基本となるのは。体質改善です。



そしてそれには育毛酒が効きます。


私は今まで、紅クコなどの漢方材料で育毛酒を自宅で作ってきました。

でも、20年夏、非常によい育毛効果が期待できる「酒」に出会ったのです。

それがドクダミ酒です。




バーバラ寺岡の育毛法である、



どくだみ、レシチン、ごま



を効果的に実践できます。



10本飲む頃には、なんらかの良い変化があるのではないでしょうか。

もちろん個人差があります。

ただ、ドクダミ酒は薬草として定番なので、あなたの身体にとって、いいことがあると思いますね。




20年の夏に出会ったドクダミ酒も内容はよく、他の人のブログやホームページでも利用者は多いのです。

体質改善というところに目をつけないと、育毛剤だけでは、とても髪の毛は生えたりはしませんよ。

あなたも、うすうす気づいているはず。


ネットで検索しても、多くの人がドクダミの育毛効果を実感していますね。


体質がかわるのですよ。


ハゲ体質を直さないと、育毛剤だけでは、発毛はムリなのです。(キッパリ!!)

他の人のサイトです。↓



驚異のドクダミパワー さん



など。


とにかく自分で検索してみることでドクダミパワーの人気がわかります。


ハゲ体質改善の育毛酒として、ぜひ「試す」ことですよ。




私はそう言いたいです。

試すことで、道は開けます。



私の直感ではドクダミ・プロは1本5800円なのですが、5本目くらいには、何らかの変化がみられるのではないかと思います。



私のオススメは上のサイトにもある薬用成分濃度のたかいドクダミ商品たちです。



ただし、ドクダミだけではなく、



レシチンとごまも同時摂取したいものです。


薄毛体質の改善にはどくだみエキスのある飲料を私はおすすめします。


223456.JPG
(平成25年9月30日現在の私が愛用している3点セット:写真左からドクダミ・プロ。真ん中がセサミン。右端がソーヤ・レシチン)


ドクダミ、ごま、レシチンで髪の毛が生える体質になるのです。



これが本物の育毛法なのです。


「生搾りどくだみ青汁酒 十黒梅」










「トップページに戻る」
【ドクダミ・プロの最新記事】
posted by ダディZ at 19:16| Comment(1) | TrackBack(0) | ドクダミ・プロ
この記事へのコメント
はじめまして。髪の毛の抜け毛が気になり(女)色々と検索するうちに、こちらにたどり着きました。ドクダミ、ごま、レシチン試してみようかなと思いました。ただ色々みている中で、同じ方なのかな?と思うブログをみつけました。そちらはイワシの缶詰めや、コラーゲンなど進めておりました。こちらの主様と同じ主様でしょうか?その場合どちらを頑張ったらよいか迷いが生じたのでコメントをさせていただきました。
Posted by しの at 2015年09月30日 13:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32058038

この記事へのトラックバック